2008年08月14日

少女時代の傷は永遠に疼く

1218723394.jpg

最近ベルマークを集めています。

これを近所のスーパーのベルマーク箱的なものに入れておくと
近くの小学校に送られる仕組みになっているのです。


ベルマークを眺めていると、
青い血が流れていると評判の私でも
やはり皆さんと同じように小学生時代の思い出がみるみる蘇ってきます。


私の小学校ではベルマーク集めがクラス対抗形式になっていて
各々の生徒が何点分のベルマークを集めていたか集計して
その表が教室に貼り出されたりもしていました。


私の家は三人兄妹で
やはりベルマークも三等分するわけで、
そうするとどうしても献上できる点数が少なくなってしまうんですよね。


特に自意識の強い私のことですから
ティッシュについているベルマークだなんて生活臭のするものは
公共の場に提出することができず、
菓子類はアリ、マヨネーズは微妙! とベルマークの選り好みをしていたら
余計に兄妹間での取り分が少なくなってしまい、
イベント事に熱いクラスメイトたちに
「1組に負けたらオマエのせいだかんなー!」
等と罵倒されたりしたものです。


熾烈を極めるベルマーク戦争の中で
一気にスターダムにのぼりつめるヤツといえば、写真屋の息子です。


フィルムについているベルマークはすごく点数が高いんですよね。
一点だとか二点だとかのベルマークを庶民がしょぼしょぼ集めている間に
写真屋の息子は一枚14点というテポドン並みのベルマークを大量に提出します。

普段はパシリになっている彼でも
この時ばかりは5年2組の最高司令官になれるのです。


ところが、戦争が長期化するにつれ
写真屋の息子すらひれ伏す相手も出てきます。

それはYAMAHAのピアノを買ってもらった金持ちの娘に他なりません。
なんとYAMAHAのピアノのベルマークは
一枚で100点分という信じられない点数がつけられているのです。


長い目で見れば写真屋の息子の敵ではないのですが
一枚100点というビッグバン級の数字は
小学生間で抜群のカリスマ性を誇ります。

小学生の心のサザビーでは史上最高の値段がつけられる
YAMAHAのピアノのベルマーク。


ベルマークが欲しいがために
親にグランドピアノをねだった級友が何人いたことでしょうか。


ベルマークは子供を狂わせるのです。


クラス内カーストを激しく入れ替えたベルマーク戦争も
やがては終結の時を迎えます。
血と汗と涙を吸ったベルマークが無事財団に渡され、
今までの苦労が真に実るのです。


ご存知の方も多いとは思いますが、ベルマークは一点一円に換算され、
学校の備品と交換できるシステムになっています。

職員室に放置されていた交換カタログを見ては
「ふむふむ、大きい三角定規は意外と高いんだなぁ。」等と
新品の教育用備品に思いを馳せていた夢見る小学生の私に、
容赦なく第二の試練が訪れます。


あろうことか、私の学校ではベルマークをすべて一輪車と交換したのです。
よりにもよって一輪車!!
オール一輪車!!!


あんな危険極まりない、
乗れたところで何の意味もない、
というかそもそも運動音痴の私は100%乗れない
文化系少年少女の敵以外の何者でもない悪魔の乗り物が
校庭の隅にずらりと並び、ピカピカと輝いている光景に
この先待ち受けるさらに過酷な未来を見出した私は、ひっそり白目を剥きました。


YAMAHAのピアノ少女がクラスのアイドルでいられた時期は無情にも終わりを告げ、
これからは一輪車に乗るのが上手い人から順に
クラス内カーストがまたしても総入れ替わりすることでしょう。


どちらにしろ最底辺に位置することになった私は
ただただ現実との距離を広げるしかなかったのでした。


あれから10数年。
私のベルマークは今度こそ一輪車と交換されることのないよう、
切に願うばかりです。
posted by 峰なゆか at 23:16| Comment(25) | 日記 | 峰なゆか作品一覧へ

2008年08月13日

男の園♡

Lifeの放送が終わると、もう始発の出ている時間です。


早朝とは言え、こちとらギンギンだぜ!!


サブパーソナリティ斉藤哲也さんと他二名、そして私とで
この時間帯とテンションを最大限に生かせる場所、築地へ。


行列のできるお寿司屋さんに素直に並べない文化系御一行は
場内にあるさびれた喫茶店にむかいます。


この店、前回斉藤さんが行った時に「灰皿ください」と言ったところ
「床に落としてください」と返されたという伝説のお店です。


私も床に散らばる灰と吸いがら、
そこに染み込む男汁を楽しみにしていたのですが
なんと今回は灰皿が設置されていました。


斉藤さんが行った日から今日までの間に
この喫茶店に何が起きたというのでしょうか。
とにかく残念です(´・ω・`)


とは言え、急遽設置された灰皿でも
創業以来愛用されているかのように
いい塩梅でヨレていてるのは築地マジックですね。


お店の片隅に粗大ごみが置いてあるのも
築地ならではのインテリアなのだろうと思って見とれていたら
店のおっさんがバリバリ現役で使っているパン切り機でした。


1218593714.jpg


おっさん・・・
その機械、サビてますよ・・・


乙女のか細い声など耳に入らない、
少しくらいサビ付きパンを食べたところで死にはしないのが
男の世界なのですね。
posted by 峰なゆか at 11:14| Comment(14) | 日記 | 峰なゆか作品一覧へ

2008年08月12日

次回の放送は9月28日です

1218526671.jpg

全国の文化系男子のみんな!!
昨日の文科系トークラジオLifeは聞いてくれたかなっ?


私は今回もスタジオにお邪魔していて、
そのうちLifeのHPにupされる予定の外伝で
ちょろっと下ネタをかましております。


テーマは「地方を考える」だったので
田舎の高校生の荒れた性生活についてのお話です。


みてみてね♡
posted by 峰なゆか at 16:26| Comment(14) | 日記 | 峰なゆか作品一覧へ

2008年08月07日

最近悲しかった話?

1218064366.jpg

 二村ヒトシさんの「すべてはモテるためである」を読みました。

 AV監督さんの書いたモテ本ですが、
 そこらへんの自己啓発系モテ本とは違い

 「あなたはなぜモテないのか?
 それはあなたが気持ち悪いからだ!!
 いや、俺さすがに気持ち悪いってとこまではいかないけどさー、
 とか思ったあなた。
 そういう思考回路が正に気持ち悪いんですってば!!」

 と、滔々と「なぜあなたは気持ち悪いのか?」について説明してくれる本です。

 
 週刊大衆シャイ!の編集長が
 「男はみんな自分のことを中の下だと思いたがってるんだよね」
 と言っていたのを思い出しました。
 
 つまりは開口一番「キモッ!!」と言われるわけじゃないけど、
 でも、もしかしたら俺って・・・キモいんですか?
 という不安が頭の中の炊飯ジャーに封印してある男たちのガラスの心をついた名著です。
 

 私はぜひともこの本を男目線で読みたいと考え、
 読む前に自分が男だった場合のシミュレーションをしてみることにしました。

 
 今現在の私は別にモテはしないけど
 完全にモテないってわけでもない。
 ということは男・峰なゆかも
 えーと・・・キモくはないということでよろしいのでしょうか。 

 
 えっ、ちょっと待って。
 「別にモテはしないけどモテないってわけでもない」っていうフレーズ、
 なんかキモくない!?

 特に「別に」のところ!!


 私が女子高生だったら「別にってなんだよ、キモッ!」とかモロ言いそうです。
 しかも女としてのモテレベルをそのまま男に換算するのって
 なんかその安直すぎる考え方、キモくない!?

 ねえねえ、キモくないですか?
 

 こんなことをうじうじ考えだすのもキモいような気がしてきました。

 私ってキモいの?
 ねえ、どうなの?


 誰かキモいって言ってくれ!!(´;ω;`)
 

 私につられて「俺ってキモいんですか無限ループ」に陥ってしまった方、
 ご安心ください。

 二村さんが誠心誠意「キモい」と断言してくれます。
 どうすればキモくなくなるのかも優しく教えてくれます。


 みんなもこの本を読み込んでキモくなくなろう!! ←キモい。
posted by 峰なゆか at 08:12| Comment(21) | 日記 | 峰なゆか作品一覧へ

2008年08月06日

最近悲しかった話?

1217980118.jpg
 猫も杓子もヨガですね。
 流行は、AVが取り入れた時点で終わるというのが私の持論なのですが
 ヨガAVが出てからしばらく経ったものの、ヨガ熱は衰えを知りません。


 流行りモノにだって反抗心を抱いてしまうロックな私のことですから
 「なーにがヨガだい!」とか言ってそうですけど、
 実はやってるんですよね。ヨガ・・・


 といっても私がヨガを始めたのは
 日本ではまだダルシムくらいしかヨガを実践してなかったころ、
 私が小学生くらいの時のことなので、
 古本屋さんで購入したヨガ指南の本(当時すでに黄ばんでいた)を参考に
 「アタイはなー、オマエらとは年季が違うんだよっ」
 みたいな美しくない感情をモチベーションにひっそりヨガに励んでいました。

 もちろん最近のパワーヨガだとかNYヨガだとかホットヨガなんてものには目もくれず
 心の中では「ヨガファイヤー!!」等と叫ぶことも忘れません。

 1217980185.jpg

 10年以上私のヨガマスターとして君臨し続ける
 この本の著者、ビクラム・チョードリーさん。
 一昔前のハンサムな顔立ち。
 少年アシベに出てくる、犬に似ている中華料理屋のオジさんと同じ髪型。
 セクハラ以外の何者でもないパンツ。
 彼の厳しい叱咤とシニカルなユーモア、溢れるヨガ愛にどれだけ助けられた事か。


 そんな彼の現在の生死を確認しようとPCで検索してみました。
 表れたのはいつのまにか長髪になりサングラスを装着、
 白いスーツを着込んだ、まわりに美女をはべらしてそうなビクラムさん。
 最近一番メジャーなホットヨガの創始者として成り上がっていたようです。
 

 ぎゃふん!!
posted by 峰なゆか at 08:48| Comment(17) | 日記 | 峰なゆか作品一覧へ