2017年02月26日

☆撮影会です☆

IMG_7105.JPGおはようございます!

人生2度目の撮影会の日がやってまいりました♪

私服、コスプレ、水着の3パターンいっぱい撮っていただけます。

人数限定ですので、終わったらレポしますね〜(o^^o)

今日も良い日に★
posted by つぼみ at 10:50| Comment(0) | 日記 | つぼみ作品一覧へ

2017年02月25日

☆ポーランド旅行8☆

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage1.JPG3日目。

ヴェリチカの岩塩坑へ!

同じツアーのご夫婦が、ここがとても素敵でリピートするほどオススメ!感動するよ〜とおっしゃっていたので楽しみにしていました。

大昔に本当に使われていた岩塩坑を見学します。
入り口となるエレベーターから凄かった!

まず小さめのクローゼットくらいの大きさの空間に大人9名詰め込まれます。東京都内の 電車のラッシュくらいの人口密度(しかも内開きの扉)で3階建て。
閉所や暗所が苦手な人はツライかも。

全員乗り込んだら、結構なスピードで地下へ30秒ほど。
ちょっぴりスリルがあります。

そうすると、まるでゲームの様な光景が。

トンネルを歩いては木製の重い扉を開き次のステージへ。
posted by つぼみ at 14:21| Comment(0) | 日記 | つぼみ作品一覧へ

☆ポーランド旅行7☆

image1.JPGIMG_6808.JPGIMG_6809.JPGIMG_6813.JPG続き。

考えこみながらも見学終わり。売店をのぞくと店員さんが日本語のガイドブックや写真集、CDを出して下さったのでいくつか選んで買う。

またバスで暗くなりかけたクラクフへ。ここで夕食まで自由行動のため解散!

ぶらぶらお土産もの屋さんなど見て回りましたが欲しいものはとくになかったので見るだけ〜
琥珀が有名らしいです。

治安が良いのか、ある程度リラックスしてお散歩できました。

時間になったので集合場所のレストランへ。

オリーブとチーズのシンプルなサラダと、ポテトのパンケーキ。

サラダに味がないとまた周りが言うし確かにないんだけれど、オリーブがしょっぱいのでわたしは全然平気、、

ポテトのパンケーキすごく美味しくて気に入りました。ホワイトソースのしょっぱいのみたいなソースがダクダクにかかっていました(^o^)美味しい〜どうやって作るんだ

同席になった同じツアーの年輩の男性、海外旅行へ行くときは日本の抹茶のお菓子とか買って持って行って
現地のかたとちょっとした交流がある時や、枕銭なんかと一緒に置いておくのだそう。

まだ出会ってもない人や顔を合わせもしないだろう人までも喜ばせようなんて素敵だなぁ。

枕銭といえば、ポーランドではユーロはほとんど使えなくて
ズロチとかズウォティとかそんな単位のポーランドのお金が一般的。

物価は旅行者にとってすごく安い!と実感するほどではないけれど、特に高いという訳でもない様な。

コーヒーや紅茶をレストランで頼んで200〜300円くらいとか。ミネラルウォーターをコンビニで買うとだいたい150円くらい?
posted by つぼみ at 12:03| Comment(0) | 日記 | つぼみ作品一覧へ

☆ポーランド旅行6☆

image2.JPGimage3.JPGimage5.JPGimage1.JPG続き。

第二収容所ビルケナウ跡。

まず、見張り塔から全体を見学。建物の向こうにある柱は煙突で、建物自体は証拠隠滅の為に壊されたので、あまり残っていないそう。

それにしても巨大すぎます。森の向こうに処刑場があったらしいです。森の向こうってかなり向こうまで収容所だったんだな、、

被収容者などを運ぶ為に造られた線路。何日も座ることも出来ない程のぎゅう詰めで揺られて来て、やっと扉が開いた時。そこがアウシュビッツだと知った時の気持ちを理解する事は難しいです。

煙突は一応の暖房の用途で、ガイドさんの説明によると年にたった2回くらいだけ暖房がつけられたとか。
事前に読んだ「夜と霧」には室内につららができたと書いてあったけど、室内というか屋外の様な小屋でした。

「酷いとかかわいそうとか色んな個人的な感想をお持ちでしょうけど、こういう事があったという事実、こうする事を支持したのもまた多くの人間だったこと、どうしてそのような事が起きてしまったのか?を、考えていただくという目的でこの施設を公開している」そう。

少しでも理解するにはもう一歩、深く踏み込まなければならなそう。
posted by つぼみ at 11:58| Comment(0) | 日記 | つぼみ作品一覧へ

☆ポーランド旅行5☆

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPG続き。

ランチ後、アウシュビッツ博物館。わたしの中では今回の旅行ではこれがメイン。

イヤホンを付けて、現地のガイドさんが説明しながら一緒にまわって下さる。

残酷な歴史のあと。ほんとうとは思えないくらい生々しかったです。生々しいのにちゃんとはら信じられない様な。

遺品などものすごく大量に保管されていて目が離せなくなりました。

ガイドさんに説明を受けながら、当時は高圧電流が流されていたという鉄線に触ってみる。触っても現実味はないけど、、

見学のために棟から棟へと移動するだけでとても寒い。
posted by つぼみ at 11:54| Comment(0) | 日記 | つぼみ作品一覧へ