2017年03月06日

深夜の酔っ払いオヤジと私と

は〜〜〜〜〜〜いっ( `ー´)ノ★

現在チャットを事務所から自宅にお引越しすべく

「自宅の片づけ」という名の元に

すっかり本やら昔の日記やらを読みふけってしまい

こんな時間までなにやってんだろ…と

途方に暮れている信子ですっ( ゚Д゚)アアア

寝ようかと思ったけどなかなか神経が昂って寝付けず

(高校生の時の真っ赤に燃える恋の日記を読んだせいかw)



恒例の「夜中の徘徊」を始めました。






この間

駅で酔っ払いのオジサマに


「俺ぁ運命感じたze!!!ねぇちゃん飲もうya!!」


となかなかドラマチックな口説き方をしてもらい、

(自宅に逃げ込むと住所バレるしな〜)

と判断した私はすぐにコンビニに入って

しばらく店員さんと話していました"(-""-)"

で、入り口出たら



まだいるんですよそのオジサマが。。



妙な流し目でこっち見ちゃって・・・。(-"-)







レッツぬけさく2.jpg






















【一生に一度は言ってみたいセリフ「運命感じたze!!!」】




しょうがないのでわざわざ交番の目の前を通るルートで

15分も大回りして自宅に帰りました。。

自宅には全長1メートル30センチの鉄の棒があるので

私の剣道での特技「喉に突き」

がとうとう今夜さく裂だぜぃっ('ω')ノ★ヒャッホー

とちょっとだけワクワクしたのですが、

どうやらオジサマはいなくなったようでした。。



・・・・・・・・・・ふ、ふんっ!

べ、別にさみしくなんかないんだからねっ!!






で、今夜は徘徊しながら塩大福を食べていたんです。。

なんとなく地面にキラ☆っとしたものが落ちてるな、

もしかしたらお金かしら?

と淡い期待を込めて拾ったら

リポビタンファインの蓋でした。

人通りのそこそこある道なので、

しゃがんでおいて何も拾わないのも変だし、

誤魔化すようにして私は

「最初からゴミ拾う予定でした」顔で

せっせとゴミを拾い続けたのです。






そしたら・・・・








背後から、






酔っ払い.jpg





















「ふしゅ〜〜〜〜・・・・フシュルルルルルルル」








という不吉な鼻息が・・・・・・。









ああっ.jpg
























【鼻息におそれおののく、かよわい少女・信子】


思わず振り返ると、そこには

あきらかに泥酔している、

私好み(でない方の)オジサマが・・・・!!!

あ、前回の「運命オジサマ」とは別人です。



もしかしてまたも声かけられちゃう!?

いくら私が可憐で、か弱いからといって!!( ゚Д゚)

思わず早足で距離をとって振り向くと・・・




ゆっくり・・・・。ゆっくりと・・・・


シータを追い詰めるムスカのごとく悠々と、


酔っ払いのオジサマは私に歩を進めてくる・・・・。




まだいくらか距離があったので、

近づいてくるオジサマをよく見てみたのですが

なんというかかなり酔ってるし、

完璧に千鳥足だし、

足腰弱いのかプルプルしてるし、

私より弱そうだぞ、こりゃ・・・・。

しかも酔っ払いの割には身なりが高級そう・・・・。

「3万でどう?」と言われたら

受け取るものだけ受け取ってさっさと逃げるも吉


イマドキ流行りのオ・ヤ・ジ・狩・り♪


という古臭い流行語が私の脳内に姿を現し、

やっちゃう?信子?狩っちゃうの!?!?( *´艸`)

今夜、私はオヤジハンターになる!!!!!




と思ったところで

オジサンが思わぬ行動に!!!!!!!!








酔っ払い.jpg





































オジ「いつもありがとう、お嬢さん」


ペコリッm(__)m


























ああっ.jpg

























信「えっ・・・・・・・・・何が??」








オジサマはこちらを見て、満面の笑みで

深々とお辞儀をしてくるではないですか



なんのこっちゃと思ったら、

オヤジ狩りのことで頭がいっぱいでしたが

そういえば私は道路のゴミ拾いをしていたのでした。




オジ「本当にありがとう存じます。」




そう言ってもう一度深〜〜いお辞儀をして、

オジサマはこの近所では有名な

「閻魔大王法律事務所(仮)」に

帰って行かれました・・・。




信「あ、あの人近所で


「法廷の鬼」と呼ばれている


凄腕の弁護士さんじゃないかっ( ゚Д゚)」





あ〜よかった・・・・オヤジ狩り未遂で・・・・

弁護士さん相手に裁判なんて

ジョーダンじゃないぜっ!へへっ(*'ω'*)





・・・・・・・・・・・・。(*'ω'*)

あれだけ酔っぱらっているのに

ビシッとしたお辞儀

温かみと感謝の気持ちあふれるお礼の言葉…

やっぱり一流の人はちがうなぁ〜

そうか、あの人の事務所の前のゴミ拾ってたから感謝されたのか

・・・・・・・・・・・・・。(*'ω'*)

最初はお金かと思って、

リポビタンファインの蓋拾っただけなんだけど。

なんか世の中に貢献した気がするっ!!

ヒャッホー( `ー´)ノ

あの弁護士さんのお辞儀と短いけど気持ちのこもった言葉は、

なんとも言えず深い満足感を私に与えてくれたのでした。




明日もゴミ拾いしよっかな〜




それでさ、1年くらい続けたところで、



酔っ払い.jpg




















弁護士さん

「君は本当に良い娘だ( `ー´)ノヨシヨシ

え、なんだい?

40〜50代のダンディ叔父様が好みだって??

よしよし、私の後輩の、

バツイチ子供ナシの弁護士を紹介しようね」



とか言ってくれないかなぁ〜〜












ああっ.jpg
























「えっ…まさかこれがきっかけで運命の恋が始まるの!?」




リポビタンファインの蓋から始まる運命の出逢い・・・


アリかも!?!?!?


皆様にも深夜に徘徊することをオススメします★


何か素敵な出逢いが待っているかもしれません。













では、皆様の春の良縁を祈願して。


かしこ。


のぶこ。







タグ:イラスト
posted by 信子 at 05:45| Comment(6) | おふざけ日記(イラスト)